2009年07月28日

「ニオイ」について:HOME SWEET HOME 放送済

ニオイについて
毎週火曜日は、アクトの滝沢真弓が、FM-PORT Paraiso Omeletteで日々の暮らしを快適にするためのワンポイントアドバイスをご紹介しています。
【リフォームのポイント】という事で、このブログでもご紹介いたします。

今回は、
ニオイについてをご紹介します。

---
他所のお宅にお邪魔したときに先ず最初に感じるものは、
その家の「ニオイ」ですよね。
この「ニオイ」は、住んでいる人にはわからないのですが、
旅行から帰ってきたときなどに、
「あぁ、うちのニオイってこんなだったんだ・・・」と、分かるときがあります。
その「ニオイ」も家によって強かったり、弱かったり、
心地良いものだったり、そうでなかったり・・・。
何とかしたい、気になる家の「ニオイ」ですが、
厄介なのは、様々な生活臭が混じり合ったものだというところ。
料理の良い香りも、他の色々なニオイと混じり合い、家に染み付いてしまうと悪臭に変わります。
−アナタのお宅のニオイはどんなニオイですか?


<どんな種類のニオイがあるのですか?
--------------

●食品や調理の時に発生したニオイ
●人間の体臭
●トイレのニオイ
●ペットの体臭や糞尿のニオイ
●ゴミのニオイ
●煙草のニオイ
●カビのニオイ
●靴や衣類のニオイ
●家具の塗料や接着剤のニオイ etc...
これらが入り混じり、やがて壁や柱に「ニオイ」が染み付いて、
いくら消臭剤を老いても、臭うような状態になっていることもあります。


<対処法1は壁面を工夫してニオイをカット
まずは壁面を使って、家の「ニオイ」をコントロールしましょう。
壁面は部屋の中でも大きな面積を占めていますので、
壁を何で仕上げるかが家の「ニオイ」を大きく左右します。
これを利用しない手はありません。
リフォームの際に是非取り入れたいのが、「機能性建材」での壁面仕上げ。
「機能性建材」とは、消臭機能・湿度の調節・有害物質の吸着など、
部屋を快適に保つ機能を持った建材で、
実際に玄関ホールの壁をこの「機能性建材」にリフォームしただけで、
家の臭いが激減したと言う例もあります。

機能性建材には、タイル状のもの、珪藻土などの左官仕上げ、
表面に消臭機能を付加した壁紙など様々な形状のものがあります。
それぞれ効果も掛かる費用も違いますので、使う場所によって選びましょう。




<対処法2は布製品のチェック
「ニオイ」の強い家は布製品を多用しているという共通点。
「ニオイ」が気になるなら、布類は消臭機能が付加された製品を使うことが基本です。
畳にも消臭効果がある製品があります。
布地類は基本的に匂いを吸収しやすいので、先ずはカーテン、カーペット、マットなど、家の中にある布製品の機能を確認しましょう。
ペットを飼っている家は臭いが発生しやすいので、キチンとチェックしておかないと、
そこに臭いを溜め込み、いくら掃除しても臭う家になってしまいます。
また、「布は使いたくない、でも落ち着いた雰囲気のリビングにしたい…」
と言う場合には、木製のブラインド等を使用すると重厚感のある空間を作ることが出来ます。

リフォームでインテリアに布製品を使う際には、先ず機能をチェック!
臭いを溜め込む場所を作らないようにしましょう。
その消臭機能にも様々な種類がありますので、
効果がいつまで続くか、など、よく確認して選んでください。



<対処法3は湿気を防ぎましょう
家の「ニオイ」の意外な原因の一つとして湿気があります。
湿気は、カビを発生させるだけでなく、
他の「ニオイ」も増大させます。
家の湿気の原因として大きなものは「結露」と「床下からの湿気」です。
中には給排水管が漏っていたせいで、家の中の臭いが強くなっていたこともあります。
「結露」の原因となるのは
断熱不足、換気不足、家の中の空気の流れなの悪さなど。
リフォームはこれらの対策をしっかり考えたプランで行う事が大切です。

断熱に関しては、まず壁面・サッシ・屋根裏・床面を
リフォーム時にしっかりチェックしてもらってください。
リフォームで壁紙をはがしたら、壁クロスの下地の結露が原因で
カビで真っ黒になっていたケースもあります。

そして「床下の湿気」のチェックです。
床下からの湿気は屋内へ大きな影響を与えます。
乾燥した真冬に床下収納庫などから床下を覗き、綺麗な黒土になっている場合は、
湿気が多めの土壌だと覚えておくと良いでしょう。

床下の湿気は「ニオイ」の原因となっているだけではなく、
シロアリや土台の腐食の原因にもなります。
押入がかび臭いと言う話をよく効きますが、
原因は結露だけではなく、
床下からの湿気の所為であることも多いのです。
湿気が多いようなら、床下換気扇や、調湿剤などの検討をし、
床下の乾燥を心がけるようにしてください。
ただし、床下のリフォーム工事は訪問販売による悪質な工事が多い部分ですから、
信頼できる業者をシッカリ選んでから、工事を行うようにしてくださいね。

いかがですか?
お役に立てたでしょうか?

リフォームに関すること、お気軽にお問合せください
電話:0120−434−795(フリーダイアル)
メール:act@reform-act.com
アクトのお問合せページ

====================================
FM-PORT Paraiso Omelette
HOME SWEET HOME(AM 10:15〜10:25)
毎週火曜日は、アクトの滝沢真弓が、日々の暮らしを快適にするためのワンポイントアドバイスをご紹介します♪
(FM-PORT 新潟県下越・中越地区:79.0MHz、上越地域:83.2MHz、魚沼地域:87.9MHz)
====================================

アクトのホームページ>>

2009年07月24日

広々お風呂:HOME SWEET HOME

広々お風呂
毎週火曜日は、アクトの滝沢真弓が、FM-PORT Paraiso Omeletteで日々の暮らしを快適にするためのワンポイントアドバイスをご紹介しています。
【リフォームのポイント】という事で、このブログでもご紹介いたします。

今回は、
広々お風呂をご紹介します。

---
温泉は好きですか?
温泉に限らず、昔ながらの銭湯やスーパー銭湯などの
開放感溢れるお湯の中でのんびりとしているだけで、身も心も癒されますよね。
そんな温泉気分を家でも味わいたい!
という人は多く、
住まいの浴室も身体を洗うだけの場所ではなく、
一日の疲れを癒すリラクゼーションルームとしての空間が求められています。
そこで今回は、広々とした温泉気分を味わう浴室リフォーム技!
狭い浴室や、隣家と接している浴室でも開放感を感じさせる工夫など、
お風呂でのんびりとした時間を過ごすためのリフォーム方法をご紹介します。



<詳しく教えてください!
--------------
窓の取り付けで開放的に>
浴室リフォームで人気といえば、大きな間戸や出窓を付けるプラン。
特に出窓は狭い浴室でも一回り大きく感じさせる効果があり、
広々とした雰囲気を出すのにとても便利なアイテムです。

ポイントとなるのが、間戸の取り付けの高さ。
広々と感じさせるコツは、
浴槽に浸かった時の視線の先に窓があることですから、
浴槽のフチから20cm程度上に窓の下端がくるようにすればちょうど視線が通ります。
余り高い位置に取り付けてしまうと、見えるのは壁ばかり。
圧迫感を感じてしまいます。
窓や出窓はちょっと低めが開放感を感じさせるコツなのです。



<窓が大きく出来ない場合は?
--------------
浴室の壁面が隣家の窓と近い、
道路に面していて、視線が気になって大きな窓が取り付けられない。
という場合でも、視線を通す工夫で開放感のある浴室を作る事が出来ます。

演出の基本は
「浴槽に浸かった時の視線の先に窓を取り付ける」
ことですから、三角の出窓を作ってそこに窓をはめ込むだけでも効果は大!

例えば・・・
浴槽に浸かった時に窓の外が見えるようにすれば、
小さな窓でも開放感が得られます。

窓の外には目隠しを兼ねた草木を植えて、季節を楽しんでください。

また、窓がつけられない場合には、
室内側への工夫で開放感を出してみましょう。
洗面脱衣室との壁を透明にしたり、
廊下に向けて窓を付けることも可能です。
常時透明だと気になる人は、透明と不透明を切り替えることが出来るガラスを使ったり、
窓にブラインドをつけておけば安心です。



<注意する点はありますか?
--------------
浴室リフォームでたまに見かける失敗が、
大きな窓にしたら外からの視線が気になり始めて落ち着かなくなったというものです。
「大きな窓を付けたら開放感と引き換えに不安が付いてきた」というようでは困りますよね。

浴室は常時裸でいる場所だということを忘れずに。
ガラスの間にブラインドをサンドしたブラインド内臓サッシなら安心です。

窓の取り付けプランを考える際には、外に立って実際の視線チェックを行います。
そして窓が道路に向いている場合は、ブラインドやフェンスなどシッカリとした目隠しを取り付けておきましょう。
また、庭に向ける際も注意が必要です。
見られる方も不安ですが、
見せられる方も困るものです。
草木を植えるなどして、隣家の窓から丸見えにならないような配慮をしておきましょう。



いかがですか?
お役に立てたでしょうか?

リフォームに関すること、お気軽にお問合せください
電話:0120−434−795(フリーダイアル)
メール:act@reform-act.com
アクトのお問合せページ

====================================
FM-PORT Paraiso Omelette
HOME SWEET HOME(AM 10:15〜10:25)
毎週火曜日は、アクトの滝沢真弓が、日々の暮らしを快適にするためのワンポイントアドバイスをご紹介します♪
(FM-PORT 新潟県下越・中越地区:79.0MHz、上越地域:83.2MHz、魚沼地域:87.9MHz)
====================================

アクトのホームページ>>

アクトのホームページリニューアルのお知らせ。

アクトのホームページリニューアルのお知らせ。



日頃よりアクトのホームページ及び、当ブログをご利用いただきありがとうございます。



定期的に、アクトのホームページをご利用いただいているお客様はご存知かと思いますが、アクトのホームページをリニューアル致しました。



突然のレイアウト変更等により、戸惑った方もいらっしゃると思います。

ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。





尚、アクトでは只今、ホームページをよりよいものにするために、アンケートを行っております。

アクトのホームページをご利用になってのご不満等がございましたら、以下のメールフォーム等でお知らせ頂きますと幸いです。

宜しくお願い致します。

ホームページアンケート







-----追記2009.8.4-----

アクトのホームページをリニューアルいたしましたが、

うまく表示されていない、

左のメニューからのリンクがおかしいと言うご指摘を頂きました。有り難うございます。

同じような現象が起こっている方がいらっしゃいましたら、

以下のことをお試し下さい。



対象ページを開き、

ブラウザ(ホームページを見ているソフトのIE等)の更新ボタンを押す。

もしくは

キーボードのF5キーを押す。



お手数ではございますが、宜しくお願い致します。



また、張り手イチバンのホームページも一部更新致しました。

上記作業をして頂けると幸いです。



余談ではありますが、

F5キーはホームページやエクスプローラー(マイドキュメント等)を最新の情報に更新します。

もしも、インターネットをしていて、「このページおかしいな?」と思ったら、使ってみてください★

是非、お役立て下さい。



(それでも更新されない場合は、CtrlキーとF5キーを押すと、最新情報に更新されます。それでも尚、更新されない場合は、ホームページの作成ミスです 笑)











これからも、住まいのリフォーム専門店アクト及び、アクトのホームページを宜しくお願い致します。

アクトのホームページ
posted by KUBIKI at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★住まいに関する悩み、ご相談、お見積もり依頼、お気軽にお問合せ下さい★ ■住まいのリフォーム専門店アクトのお問合せ先 フリーコール:0800-111-8753 メール:act@kubiki-kenko.com FAX:025-543-6950 ホームページ ■KUBIKI/願城建工に関することへのお問合せ先 電話:025-543-1802 メール:info@kubiki-kenko.com ホームページ