2013年05月28日

ロンドン視察〜チェルシーフラワーショー編〜

先日のブログでもアップしてあったとおり、
ランドスケープアーティスト石原和幸さんが出たチェルシーフラワーショー。

それを見に、ロンドンへ行ってまいりました。

12人で!

チェルシーフラワーショーは目的のひとつ。
古い建物が残る紳士の国ロンドンで仕事のヒントを見つけ、仲間のいいところを見つけ・・・て来たかな。

と言うことで、不定期更新で、ロンドン紀行を書いていこうかな♪

鉄は熱いうちに打てとは逆へ向かっていきますが・・・ヤワヤワと。



まずは、チェルシーフラワーショー!(Chelsea Flower Show)

IMGP6270.jpg

年々、日本語で検索してもヒットするサイトが増えてきましたね。
日本からのツアーも増え、ガーデニングに対する興味も広がってきたのだと思います。

とはいえ、私もそうですが、日本人もお花やお庭、緑が大好きですよね。
世界の蘭展、桜の花見、菜の花畑、チューリップ畑、

DVC00872.JPG DVC00148.JPG
※日本です。
はたまた、苔生す寺社や、枯山水、日本庭園。
兼六園、偕楽園、後楽園・・・。

イングリッシュガーデン風なお宅もよく見かけますし、
ローズガーデンのお宅は本当に素晴らしい!

私はガーデニングって言うと、簡単にイメージできるのは、
イングリッシュガーデン。
ハーブが多くて、緑色が多くて、バラがあって、
石畳みがあって、
テーブルとイスがあって、紅茶とスコーンがあって・・・。
想像しただけで心地よいです。

話がそれましたふらふら

チェルシーフラワーショーは、英国王立園芸協会が主催している
世界最大級のガーデニングショー
世界各国からガーデナーが集まり、そのデザインと技術を競っています。
審査の日には、エリザベス女王はじめ、王室の方も、世界の庭を堪能されているそうです。


10余年交流のあった石原さん、
クビキが石原さんのチェルシー挑戦を応援してから、四年が経ちました。
今年は石原さんはアーティサンガーデンへ出展。
出展場所は去年と同じ。
石原さんの床の間ガーデンは、その一角を最大限に使ったお庭でした。
後ろに立ち並ぶ木々もまるで石原さんのお庭の一部。

いわゆる借景ってヤツです。
借景は、日本庭園や中国庭園の技法のひとつなんですね。
DSCN1414.jpg
石原ガーデン全景
この、右上に見える柳はこの場に生えている木。

今回のテーマは、床の間。
建具は日本で作って一回ばらして運んで、また作ったそう。
植物たちは、イギリスで仕入れたものたち。

DSC03136.jpg

IMGP6292.jpg DSC03228.jpg

IMGP6338.jpg
発表前のそわそわ石原さん



世界が注目するこのガーデニングショーで、
石原さんはお庭を通して、日本の心、文化を伝えてくださいました。
IMGP6329.jpg IMGP6323.jpg

そこは確実に日本でした。
細部にまでこだわる、繊細な日本。

どこひとつ切り取っても綺麗なんです。
IMG_3591.jpg


IMGP6286.jpg
それが伝わったからこそ、

その場から人が消えることがありませんでした。
見所満載な分けですから、
足を止める時間も長くなるってもんですよ。
IMGP6278.jpg

また、その繊細さ、また、人に喜んでもらいたい、と言う気持ちはこんなところにまで・・・

DSC05147.jpg
これ、どこだと思います?
床の間の向かって左奥。
正面からは全く見えない裏側です。
気づけた人はラッキー。
どこから見ても、素敵な作品です。

先のブログでご報告ありましたが、
石原さんは、金賞&ベストアーティサンガーデンのW受賞!
受賞シーンの動画はこちらよ。



今年はチェルシーフラワーショー100周年と言うこともあり、
例年よりも人の入りが多かったように思います。

IMG_3909.jpg

IMGP6289.jpg


IMGP6279.jpg

床の間ガーデン動画


チェルシーフラワーショー、
沢山のお庭を堪能してきました。
お写真だけ載せていきますね。

DSC05100.jpg

DSC05102.jpg

IMG_3594.jpg

IMG_3600.jpg

IMG_3602.jpg

IMG_3604.jpg
焼け野原のようだねー、なんていっていたら、お庭のタイトルが「After the Fire」
発想が自由。

DSC05127.jpg
クレマチスが大好きな私には夢のようなアーチでした。

IMG_3616.jpg

IMG_3623.jpg
この庭、浮いているように見えたのですが、砂利がひいてあるんですよね。
とても、感動しました。
使い古された技法かとは思いますが、すっかりだまされた。

IMG_3625.jpg
お庭で、その名の通りガーデンパーティー。
シャンパンをお庭で飲んでいらっしゃいました。
一般的には解放はしていません。なんだか、特別感です。


IMG_3628.jpg

IMG_3632.jpg

IMG_3739.jpg
暖色の花をこんなにも使っている庭はなかったので、一際目を引きました。


IMG_3730.jpg

IMG_3733.jpg
子供の秘密基地も庭。


日本人として気になったのは・・・
IMG_3621.jpg
The Sound of Silence
四国から持ってきた盆栽だそうです。
アーティストはイギリスの方?かな。

そして、盆栽も沢山
IMG_3690.jpg
りんごの花の盆栽

今回のフラワーショーは桜のようなお花が沢山作品に使われていました。
りんごかな?アーモンドかな?スモモかな?
桜に似た花、それだけで和んでしまったり。

それぞれのお庭で、花の咲く時期を、審査の日に合わせているので、
本当に見事なお庭が見ることが出来ます。

また、この桜系のお花を使ったお庭は、
恐らく、散る様まで計算されていたと思います。

そしてそして、モスマン(苔男)とも呼ばれた石原さんの影響なのかなー、なんて思ったコレ。
IMG_3707.jpg

いたるところに、苔を使ったお庭がありました。


今回、王立園芸協会の会員しか入れない初日と、一般公開日の三日目に行ってきました。
初日に中にいる方々は、ドレスアップしていて、優雅にお庭を楽しんでいらっしゃる印象でした。
・・・そのくせ、原っぱに座っちゃう、って言う豪快さもありました。

1913年からチェルシー王立病院で開催されるようになったチェルシーフラワーショーの100年目。
IMGP6271.jpg
そんな節目に、そんな節目に出展しているお庭が見れて、空気を感じることが出来て、
また、日本人のチャレンジャー石原さんの5個目のゴールドメダル&ベストアーティサンガーデン受賞をこの目で見れたことは、
とても嬉しかったです。
また、こんな機会を設けてくれた弊社の自慢でもあります。(手前味噌ですみません)



このロンドン、チェルシーフラワーショーでは気づきや発見が沢山ありました。
得てきた様々な物をお客さまにも
様々な形でお返しできたら、と考えています。

今日は、チェルシーフラワーショーのお話をブログさせていただきました。

次回は、ザ★王道ロンドンのことを書こうかな♪

RHS Chelsea Flower Show
※頸城建工及び住まいのリフォーム専門店アクトはチェルシーフラワーショー2013チームジャパンの公式スポンサーです。

ラジオで紹介されたブログはこちら

二つ前の記事に石原さん速報かきましたが!!
今日はこれからチェルシーフラワーショーに触れます♩

取り急ぎ〜
posted by KUBIKI at 10:28| KUBIKIのメディア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

【ご来場ありがとうございます!】上越&長岡ショールームイベント終了

長岡ブログでも、ご挨拶実況がありましたが、
5月25日、26日は、リクシル上越ショールーム、ヤマハ長岡ショールームにて、
アクトのイベントを開催いたしました。
皆様のご来場ありがとうございます!

IMGP6633.JPG
普段のお店とは違い、実際に商品に触れていただき、また、使用感を確かめていただきました。


IMGP6637.JPG
お客さまのイメージに合った、形、色、サイズ、等々、実際に見ることが出来てリフォームにより具体的なイメージが付いたと思います。

また、ショールームは、その名の通り、
“見せる部屋”
商品を販売しているわけではありません。
ちょっと入りづらいな?
とお思いの方、気軽に行ってみてください♪

アクトでは、
今のご自宅で使いづらい場所、ちょっと使いよくしたい場所、また、ご家族様の生活に合わせた寛げる空間、
等々、お客さまのお話をお伺いし、家庭作りのお手伝いをさせていただいています。

各店舗へのご相談も毎日お待ちしていますよ♪
勿論、ショールームへの同行もさせていただいています。
お客様と一緒に実際の商品を見て、ご提案させていただきます。

お気軽にお問合せくださいね。
゚。.o。─**─。o.゚。─**─゚。.o。─**─。o.゚。゚。.o。─**─。o.゚。─**─゚。.o。─**─。o.゚。
★住まいに関する悩み、ご相談、お見積もり依頼、お気軽にお問合せ下さい★
アクトは県内上越・長岡・新潟に6店舗!土日も元気に営業中♪
住まいのリフォーム専門店アクトのお問合せ先
フリーコール:0800-111-8753
メール:act@kubiki-kenko.com
FAX:025-525-0548
WEBからお問い合わせ
WEBからお見積り
WEBから資料請求
住まいのリフォーム専門店アクトのホームページ
゚。.o。─**─。o.゚。─**─゚。.o。─**─。o.゚。゚。.o。─**─。o.゚。─**─゚。.o。─**─。o.゚。
posted by KUBIKI at 09:36| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★住まいに関する悩み、ご相談、お見積もり依頼、お気軽にお問合せ下さい★ ■住まいのリフォーム専門店アクトのお問合せ先 フリーコール:0800-111-8753 メール:act@kubiki-kenko.com FAX:025-543-6950 ホームページ ■KUBIKI/願城建工に関することへのお問合せ先 電話:025-543-1802 メール:info@kubiki-kenko.com ホームページ